読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的植物生活概論

植物目線なライフスタイルマガジン

MENU

流行りが好きだったりそのわり古風なとこあったりするのね #セロリ

花がなければ買ってくる。花屋に行って、グッとくる奴がいなかったら、スーパーで野菜を買う。新鮮ならセロリも生ける。つまりこれがわたしの植物生活概論だ。

セリ科オランダミツバ属

セルリーと呼ぶこともある。ちびっ子に聞く「キライな野菜ランキング」の常連である。その理由はあの独特の香りだろう。それもそのはず、古代ローマ・ギリシャでは食用ではなく、薬として使っていたのだ。良薬口に苦しなのである。

日本にやってきたのは16世紀の末、加藤清正が文禄・慶長の役(いわゆる朝鮮出兵)に持ち帰ったという説がある。だからってちびっ子たち、加藤清正公を恨んじゃいけないよ。日本には他にも美味しい野菜がいっぱいあっただろうから、あまり普及しなかった。明治期に入り食生活の西洋化が進むとともに、盛んに栽培されるようになった。

みずみずしい緑色

セロリの味はともかくとして、明るい緑の葉は美しい。買って来たセロリを根本を切って水に挿すと、水を吸い上げてシャキッと美味しくなる。また、それを飾るとシュールなインテリアとしても楽しめるから一石二鳥だ。

昨日買ったセロリが青々としていて美しかったので飾ってみたよ

Takeshi Kuriharaさん(@kurit3)が投稿した写真 -

Instagramを見返してみたら、やはりやっていた。

今日は建国記念の日

シャキッとして美味しくなったセロリは、タルタルソースをつけてスタッフが美味しくいただきました。そんな祝日。わたしの植物生活

2016,2 晴れ

追伸
タイトルにも引用したSMAP(山崎まさよし)の「セロリ」であるが、思い入れが少なくエピソードが思いつかなかった