私的植物生活概論

植物目線なライフスタイルマガジン

MENU

2015年、グッときた記事/ @kurit3 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

概要は長いのでリンクで済ませます。鳥井さんのブログは他の記事も面白いからあなたのそのパケットは決して無駄にならないので安心してリンクを踏んでほしい。
http://hase0831.hatenablog.jp/entry/2015/11/30/220432

バトンが回ってくる様子もないので勝手にやっていきます。
わたしが「はてなブログ」で私的植物生活概論をスタートしたのが2015年です。せっかくなので、はてなブログで読んだグッとくる記事を中心にチョイスしてみました。

グッとくるというのは、ガンダムで言うところのニュータイプ的な効果音が鳴る感じです。

缶のレモンサワーをグラスに注ぐ

誰かに教えて貰った知恵や習慣を生活に取り入れるのは、良いエッセイを読んだ後の人生に似ている - 話半分で聞いてください

例えば、家で飲むレモンサワー。友人の家に遊びに行ったら、缶入りのレモンサワーをわざわざ「うすはり」のグラスへロックアイスを入れたものに注いで、マドラーで1度かき混ぜてから出してくれた。

飲んでみると、口当たりが良く、炭酸や甘味料の味が和らいで、そのままよりも断然美味しい。びっくりした。焼酎と炭酸で一から作らないでも、そのひと手間で、十分美味しいものが飲める。以来、自宅で冷たい飲み物を飲む時は、そうやって飲んでいる。

このシーンなんか、缶を開ける「プシュ」って音から、炭酸のシュワシュワ、氷とマドラーが「カラン」って鳴る音までイメージできます。

美波 (id:minamii)さんのブログは他の記事も面白いからあなたのそのパケットは決して無駄にならないので安心してリンクを踏んでほしい。電子書籍なりリトルプレスみたいになったら間違いなく買うと思います。

わたしって食べ物ネタが好きなんだ。と最近気づきました。食べ物って結局みんな好きだから、感情移入しやすいんですかね。
「おにぎりにする時代」とはどういう意味なのか考えてみた。 | 隠居系男子
食べ物ネタとしては、こちらも印象に残っています。おにぎり

太もも ※ただしオリジナル版

浅草橋のイベントを見て少し考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの - 妄想劇場館

アソー(id:f-aso)さんの太もも記事も、グッときたエントリです。実際に行動として突き動かされた記事、というのはなかなか少ないと思います。
曖昧な美のつぼみ #ふともも

ただし、Adsenseな警告によりオリジナル版には修正が加えられ、現状あんまり面白くないです。あの瞬間に記事を読めたこと、本当に幸運でした。消失してしまったからこそ、色褪せない珠玉の太ももエントリだと思います。

たまに読み返すやつ

逃げろ、そして生き延びろ - インターネットの備忘録

「菩薩ではないのか」という疑惑のはせ おやさい (id:hase0831)さんの記事です。

「あなたを大切にしない人のことを、あなたが大切にする必要はない」

ちらっと目にした、聞いたフレーズをメモすることはありますが、一言一句、記憶に定着するフレーズってなかなか出会えません。これはまさにそれでした。月に2回くらいは諳んじている気がします。他には朝ドラ「あまちゃん」に出てくる【死んでも巻かれない。】とか、諳んじてます。

と、また読み返して気づいたんですが、これ2012年の記事なんですね。趣旨とズレちゃいました。わたしが出会ったのが2015年だったということで、まぁいいか。

わたしが書いた、関わった記事

【地域おこし協力隊】長野市戸隠地区のリアルな暮らし - 栗原健 - | 灯台もと暮らし

仕事モードで取材してもらった記事です。自分のことを自分で書くことには慣れていますが、自分のことが違う場所で書かれているのって初めてのことでした。仕事で迷った時や、怠けた時、この記事を読むと「あ、こんなドヤ顔してしゃべったんだから、ちゃんとやんなきゃ」とお尻を叩かれます。発破かけられる記事です

あとは、自分の書いた記事として、「白黒の記憶 #ヤマボウシ」と「花の名を3つくらい教えておきなさい #クルクマ」を上げておきたいです。自分のことをさらけ出して書くのって、恥ずかしくてなかなかできません。特に恋愛ぽいネタは個人的に封印というか、あまり考えないようにしていることです。こじらせですよ

そんな中、植物をフィルターにするとこんな風に書けるんだなー、と気づけて面白かったです。最近は植物のこと書いてませんが、やはり植物生活をかかないと、わたしらしさが出ないですよ

一番を選ぶ

アワードですからね、1つ選ぶとすると
他媒体の記事として、誰かに教えて貰った知恵や習慣を生活に取り入れるのは、良いエッセイを読んだ後の人生に似ている
自分が関わったもの、【地域おこし協力隊】長野市戸隠地区のリアルな暮らし - 栗原健 - | 灯台もと暮らし

とします。

え?バトン?回しませんよ。もらってないんですから。

2015,12 晴れ